瀬戸市で口コミ上位の接骨院|シンスプリント

受付時間
7:30~11:30 × ×
16:00~20:30 × ×

※土曜は19時まで。▲火曜・木曜・土曜の午前は予約のみ

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脛の内側が痛い
  • ランニングやジャンプ時に脛の痛みが強くなる
  • 運動中・後に脛がズキズキする
  • 痛みが長びいている
  • 早く競技復帰したい

シンスプリントとは?|アダチ接骨院

シンスプリントとは、スポーツを習慣にしている方にみられる代表的な疾患です。痛みは脛の後内側の下方に出現することが多く、脛の骨やその周囲にある筋肉を取り囲む膜に疲労損傷が生じている状態です。

いわゆるオーバーユースによる症状です。原因としては、足の筋肉への反復運動・牽引ストレスなどがあげられます。

陸上・バスケットボール・バレーボールなどステップやジャンプ、走動作の多い競技に発症することが多いです。

また、新入生などで練習量や質が上がった時期や、基礎的な反復練習が多い時期に発症することも多く、男女比で見ると女性に発症しやすい傾向にあります。

放置するとどんなリスクがあるの?|アダチ接骨院

初期は運動後に脛の内側へ違和感を覚える程度です。放置すると徐々に痛みが強くなり、走ったり、踏み込んだりするのが困難になってしまいます。

さらに重症化すると日常生活や安静時にもズキズキと痛みを感じることがあります。

痛みにより練習ができない状態が続くことや、パフォーマンスの低下にもつながるため、違和感を覚えたら早い段階で治療を開始することが大切です。

気軽に当院へ相談しに来てください。

症状から抜け出すためにどんな治療が必要なの?|アダチ接骨院

シンスプリントで問題になりやすい筋肉として、ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋などがあげられます。この3つは、痛みが生じる脛の内側につく筋肉になります。では、この筋肉をストレッチしていれば治るのか…? 

そんなことはありません!大切なのは“なぜこの筋肉にストレスが加わってしまったのか?”ということです。

代表的な例をあげると

・足のアーチが低下してしまっている
・膝が内側に入るような走り方をしている
・股関節の機能が低下している

など様々な要因が絡んでいます。

その根本的な問題点を治さない限り、一時的に改善しても再発するリスクが高くなってしまいます。

当院での治療紹介|アダチ接骨院

当院では、患部へのアプローチだけではなく、根本的な問題点を探し出すことで“再発しない体づくり”“パフォーマンスアップ”を目標に治療を進めていきます。

患部へのアプローチとしては、電気治療や超音波などの物理療法、ストレッチ・エクササイズ行い、疼痛緩和、筋肉の柔軟性や筋力を改善していきます。

根本的な問題点へのアプローチとして、姿勢や動作、フォームの確認を行い、患部へストレスがかからない動きの獲得を目指します。

例えば…
走る時に膝が内側に入り、足のアーチも低下して偏平足になっている場合
殿筋の筋力低下や体幹の機能低下、足部の安定性低下など様々な要因が考えられます、さらに深堀していくと本当の問題点がみえてきます。

痛みがなくなることに満足せず、ケガをせずスポーツを楽しみ・パフォーマンスを向上させてみませんか?

アダチ接骨院へのお問い合わせ

アダチ接骨院
住所
〒489-0921
愛知県瀬戸市田端町2丁目15
アクセス
水野駅より徒歩10分

アクセスマップはこちら

受付時間
7:30~11:30 × ×
16:00~20:30 × ×

※土曜は19時まで。▲火曜・木曜・土曜の午前は予約のみ