変形性股関節症|瀬戸市のアダチ接骨院

受付時間
7:30~11:30 × ×
16:00~20:30 × ×

※土曜は19時まで。▲火曜・木曜・土曜の午前は予約のみ

変形性股関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩き始めや立ち上がるときに股関節に痛みがある
  • 長時間歩いていると股関節・膝・殿部に痛みが起こる
  • 夜中寝るときにソ径部が痛い
  • 股関節が曲げられない
  • 股関節だけでなく殿部にも痛みがある

変形性股関節症はなぜ発生するの?|瀬戸市・尾張旭市 アダチ接骨院

股関節は人体の体重を支える重要な関節で、そのための機能が備わっています。

変形性股関節症は筋力や関節構造に不具合があると関節にかかる体重による負担が超過し生じやすくなります。

女性に多くみられる疾患で、理由として先天的に臼蓋(大腿骨が収まるところ)形成不全があると発生しやすく、これが女性に多いためです。

関節に負担がかかり続けると、股関節を構成する靱帯に炎症が起きる、骨盤の臼蓋や、大腿骨の股関節部分の変形などがみられます。

これにより、股関節に痛みが起こる、曲げられなくなるなどの障害が生じます。

変形性股関節症を放置するとどんなリスクがあるの?|瀬戸市・尾張旭市 アダチ接骨院

変形性股関節症を放置することで股関節の変形が進行し、股関節の安定性が低くなります。

そのため足を内側にたたむような姿勢をとることで安定性を確保しようとして、腰が反りやすくなります。

そうなることで内ももの筋肉が強く収縮して硬くなり足が開きにくくなります。

また、足が内側にたたまれていることで殿部の筋肉が引き伸ばされ緊張し、神経を絞扼してしまい坐骨神経痛が発生する場合もあります。

腰が反っているため腰痛の原因になることも挙げられます。

初期のうちは歩き始めや立ち上がる時に股関節に痛みが生じます。

徐々に痛みが強くなり、末期になると大腿骨が臼蓋にくっついたような状態になり痛みは少なくなりますが、股関節が動かなくなります。

そうなった場合は手術が必要になります。

痛みが出始めている場合、悪化する前に治療により改善が見込める場合があります。

気軽に当院へ相談しに来てください。

変形性股関節症から抜け出すためにどんな治療が必要なの?|瀬戸市・尾張旭市 アダチ接骨院

ももの内側が硬いことで足全体にストレスがかかりやすくなり、股関節の痛みの悪化だけではなく膝などに更なる障害に及ぼす可能性があるためストレッチをすることで柔軟性を獲得していくことが必要になります。

しかし、ストレッチだけでは股関節の安定性をかえって失ってしまい、悪化させてしまう可能性もあります。

股関節の痛みがどこから起きているのか、その分析をしたうえで適した筋力トレーニングや動作訓練が必要になります。

股関節の痛みとして代表的な例をあげると

  • ・股関節と臼蓋が衝突してしまっている
  • ・股関節が安定せずに関節に負担をかけてしまっている
  • ・姿勢により殿部の筋肉が緊張を起こしている

など様々な要因が絡んでいます。

その根本的な問題点を治さない限り、一時的に改善しても再発するリスクが高くなってしまいます。

アダチ接骨院での治療紹介|瀬戸市・尾張旭市 アダチ接骨院

当院では、患部へのアプローチだけではなく、根本的な問題点を探し出すことで“再発しない体づくり”“パフォーマンスアップ”を目標に治療を進めていきます。

患部へのアプローチとしては、電気治療や超音波などの物理療法、ストレッチ・エクササイズ行い、疼痛緩和、筋肉の柔軟性や筋力を改善していきます。

根本的な問題点へのアプローチとして、姿勢や動作、フォームの確認を行い、患部へストレスがかからない動きの獲得を目指します。

例えば…
立ち上がる時に股関節が曲がらず立ち上がりにくい場合

殿筋の柔軟性低下や反り腰による体幹の機能低下、股関節前面の筋力低下など様々な要因が考えられます、さらに深堀していくと本当の問題点がみえてきます。

痛みがなくなることに満足せず、ケガをせずスポーツを楽しみ・パフォーマンスを向上させてみませんか?

アダチ接骨院へのお問い合わせ

アダチ接骨院
住所
〒489-0921
愛知県瀬戸市田端町2丁目15
アクセス
水野駅より徒歩10分

アクセスマップはこちら

受付時間
7:30~11:30 × ×
16:00~20:30 × ×

※土曜は19時まで。▲火曜・木曜・土曜の午前は予約のみ